HALEO

the HALEO Story最高のサプリを

ただお客様にお薦めできる効果的な
ファットバーナーが欲しかっただけなのだ。

無理な話ではないだろう?

株式会社ボディプラスのCEOデービット・ホルトンが、とあるスポーツサプリメントショップを訪問した際に、店長から「ボディビルディングコンテスト用に効果的なファットバーナーはどれか」と尋ねられたのは2004年のことだった。

当時の選択肢といえば市販のいわゆる「ダイエット」サプリメントに限られており、それらの成分含有量は少量すぎて使用する意味がないか、時代遅れ、または臨床試験で立証されていないものばかりだった。 それはまた、まさに日本中のアスリートが効果的なスポーツサプリメントを探そうとする時に直面していた問題そのものでもあった。

日本のスポーツサプリメント市場の状況に失望し、当惑したホルトンは最新の科学的研究に基づき、研究でその効果が立証された用量を用い、実際に効果のあるスポーツサプリメントブランドの創設を思い立った。

たった3年という短期間でHALEOはサプリメント市場のパイオニアとなり、多くの革新的な製品と新しい成分を世に送り出した。その爆発的成長の原動力となったのは、主に日本中のアスリート達による口コミだった。

HALEOは一人の情熱から始まり、飛躍的に成長した今でもその中心となる方針は変わらない。会社創始者たち自身が使用し、自信をもって友達や家族に推薦 できるスポーツサプリメントの製造を第一とする姿勢をいまだ維持している。

ハレオは最高品質の原料の調達、徹底的な安全性の検査や革新的で最も効果的な フォーミュラを真のアスリートのために開発することにより、これからも業界のリーダーであり続けるだろう。

CEO

MESSAGE

「私たちは、日本人アスリートたちが確かな科学と革新に基づいた効果的なサプリメンテーションを必要としていると信じていました。その頃日本では、私が友人や家族に心から薦めたいと思うようなサプリメントはなかったため、アメリカから品質の良いサプリメントを個人輸入によって提供することに努めていたのです。効果の優れたアメリカのスポーツサプリメントの人気が高まるにつれて私たちが気づいたことは、アメリカのテクノロジーを導入してこれらのハイレベルサ プリメントを日本で製造しない限り、私たちのメッセージが届かない何千ものアスリートがまだまだいるということでした。

しかし、HALEO創設の前に卸売業者や小売店と話したところ、私たちが思うような活性成分の品質と量のサプリメントを製造するのは不可能だろうという意見が多く、それはアスリートが商品の購入を決定する際にサプリメントの成分内容ではなく、その価格だけに捉われがちだ、というのが彼らの意見だったのです。

私自身、サプリメントには厳しい人間なので、製品の成分の品質を妥協したり、目標小売価格に見合うように用量を薄めたりするようなことは断じて拒否しまし た。幸い当時は他の事業も行っていたため、製品の製造を始めた時には多くの会社が直面するような経済的プレッシャーはなく、ただこのマーケット内で最高品質、かつ最も効果的なサプリメントの製造に専念することができたのです。もちろん『世界中で最高の製品を』です。」

株式会社 ボディプラスインターナショナル
CEO デービット・ホルトン

HALEO SCIENTIFIC ADVISORY BOARD

革新的なサプリメントを作り上げる為の

科学顧問委員会メンバーの紹介

HALEOは革新的なリサーチと信頼のおける情報に基づいた科学的なスポーツ栄養サプリメントの提供に全力を注いでいる。
我々は最高を極めたいすべてのアスリートの身体的・精神的パフォーマンス向上のため、信頼性のあるリサーチの応用に無類の献身的努力をささげることを使命としている。

  • ラルフ・イェガー 医学博士

    ラルフ・イェガー 医学博士

    Dr. Ralf Jaeger

    FISSN、CISSN、MBA、スポーツ栄養士、
    国際スポーツ栄養学会会員、JISSN及びThe National Strength and Conditioning Association(ナショナルストレンクス&コンディショニング協会)編集委員会メンバー

    発明者であり、機能食品及びサプリメントに関する講演で数々の賞を獲得。異なるスポーツのプロチーム、エリートアスリート、オリンピック選手などのコンサルティングも行う。ウィスコンシン州を拠点とする国際的コンサルティング会社有限会社インクレノヴォの共同設立者、ストレス下におけるパフォーマンスを改善する機能栄養食のリーダー、有限会社IQプラスフーズ社長。スポーツ栄養学、脳、関節、心臓、胃腸の健康に関する数々の論文執筆。

  • 永富 良一 医学博士

    永富 良一 医学博士

    Ryoichi Nagatomi

    東北大学大学院医工学系研究科教授
    昭和59年東北大学医学部卒・医学博士
    日本体育協会公認スポーツドクター
    日本アンチドーピング機構メディカルオフィサー

    運動・スポーツ医科学の専門家、安静の弊害を説き、子供から高齢者、虚弱者からスポーツ選手まで、体力および運動を通じた健康づくりの研究を推進。トレーニング、日常生活活動、スポーツ活動の携帯型センサーによる新しいモニタリング方法の開発に携わる。トレーニングによる変化、運動・ストレス時の免疫系の変化を主な研究テーマとしている。

  • 佐藤 雅幸 教授

    佐藤 雅幸 教授

    Prof. Masayuki Sato

    専修大学教授(スポーツ心理学)
    ヨネックススポーツ財団 評議委員
    日本テニス協会上級指導員スポーツ心理学講師
    日本ブラインドテニス連盟顧問
    日本テニス学会副会長

    大学ではスポーツ心理学、心理学特殊講義、スポーツ科学論そしてテニスの講義を担当。
    プロスポーツ選手に対してエンカウンターグループ、アサーショントレーニング、交流分析の理論を応用してメンタル・サポートを行っているほか、修造チャレンジテニストップジュニア育成のメンタルサポートスタッフとしても活躍している。

  • ジョン・ベラルディ博士

    ジョン・ベラルディ博士

    Dr. John Berardi

    ウェスタンオンタリオ大学博士号
    運動生物学および栄養生化学専攻
    テキサス大学運動科学の非常勤講師

    カナダ全国クロスカントリースキーチームおよびカナダアルパインスキーチームのパフォーマンス栄養管理を指導。また、エリートアスリート、スポーツチーム、ならびにオリンピックトレーニングセンターなどのパフォーマンス栄養管理コンサルタントとして活躍中。

  • エリック・セラノ医学博士

    エリック・セラノ医学博士

    Dr. Eric Serrano

    カンザス大学医学博士号
    オハイオ州立大学教授
    家庭医学臨床医

    博士の統合的な専門知識(医療・スポーツトレーニング・栄養コンサルティング)により、世界中のクライアントアスリートリストには、NFL、NHL、MLBなどの多岐にわたるアスリートが名を連ねている。すでにいくつかのスポーツサプリメントのベストセラーを開発しており、パフォーマンス向上に関して数々の記事や本も執筆している。